サイズに合ったベビーシューズを選ぶべき理由

細部にこだわる

サイズもしっかりチェック

赤ちゃん用品

赤ちゃんへの贈り物にも色々な種類がありますが、家の中で歩けるようになったら、そろそろ外出で歩くことも考えていく必要があります。赤ちゃんは家の中では裸足で歩くことが多いですが、外出となると靴が必要となりますので、ベビーシューズを贈りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。ベビーシューズは一歳の誕生日プレゼンントなどに贈られることが多いですが、つい見た目の可愛らしさ、デザインの良さで選んでしまう人もいるのではないでしょうか。ベビーシューズは見た目が良いことはもちろんですが、未発達な赤ちゃんの足を保護するものでもありますので、機能性も重視して選んでいきたいところです。同じサイズのものでも商品ごとに微妙にサイズは違いますので、しっかりと測定し足に合うものを選んであげましょう。着脱が楽なものを選んでおきたいですし、いきなり固い靴底では歩きにくさもありますので、ファーストシューズでは柔らかめの靴底を選んであげることがおすすめです。そして、家の中とは違い、アスファルトなどの固さは足の負担となりますので、クッション性のある、足をしっかり保護できるものを選んであげたいところです。赤ちゃんはよちよち歩きということもあり、つまづきやすい傾向にあります。それゆえ、ベビーシューズもつま先が引っ掛かりにくいタイプであるかも確認しておきましょう。ベビーシューズ選びを間違ってしまうと足の成長にも影響が出てしまいますので見た目だけではなく、機能性、安全性も重視して良いものを選んであげましょう。

赤ちゃんの足に合ったもの

ベビー

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになり、伝い歩きをするようになったら用意したいのがベビーシューズです。赤ちゃんが初めて履くベビーシューズは、ぜひ素敵なものを選びたいものです。赤ちゃんの成長のスピードは、大人が思っている以上に速いものです。足のサイズもあっという間に大きくなっていきます。赤ちゃんが履き心地が良いと感じるようなベビーシューズを選ぶためには、まずは正確なサイズを測る必要があります。足の長さだけでなく横幅や甲の高さも、ベビーシューズの履き心地には影響してきます。可能であれば、実際にベビーシューズを販売している店舗で測ってもらうと良いでしょう。ベビーシューズを選ぶ際には、赤ちゃんの足に負担がかからないものを選びます。靴底のクッション性などをチェックして、赤ちゃんの足にかかる衝撃が軽減されるようなものを選びましょう。また、赤ちゃんがヨチヨチと歩いている時に、転びにくいように工夫が施されているようなベビーシューズもあります。まだ歩くことに慣れていない赤ちゃんが歩きやすいように、機能性に優れていることも条件に加えておきましょう。もう一つ、大事なことは、履かせやすいものであるということです。当然のことながら、赤ちゃんは自分でベビーシューズを履いたり脱いだりすることはできません。大人が赤ちゃんの足にベビーシューズを履かせたり、脱がせたりしやすいようなものがおすすめです。赤ちゃんの柔らかな足を守るのがベビーシューズです。ぜひ、細部にまでこだわって納得のいくものを選んでみてください。

洗浄と型崩れの予防で対処

ベビーシューズ

赤ちゃん用のベビーシューズも、一定のサイクルでお手入れをしてあげることが必要です。大人に比べてデリケートな赤ちゃんの皮膚は、蒸れの影響などを受けやすくなります。つま先や底の部分は湿気が溜まりやすい場所だけに、ベビーシューズの場合も定期的な洗浄で対応します。ベビーシューズを洗う時に用いるのは、繊維を傷めない中性の洗剤です。汚れが激しい時には、洗剤を溶かした水に数分程度付けておくと汚れが浮き上がってきます。紐や中に敷いてあるパッドなどは、すべて取り外すのが理想的な洗い方です。ベビーシューズの中には、砂や泥が入り込んでいることもありますので、しっかりと汚れを除去出来るような方法をとります。乾かす時には、靴専用のハンガーなどを用いると、効率よく湿気が取り除けて型崩れも防げます。ベビーシューズは、元々のサイズが小さいことから型崩れの影響が増大します。履き心地に直結してくるだけに、元の形をキープ出来るような干し方が好ましい方法となってきます。保管に際しても、型崩れの防止が1つのテーマとなります。ベビーシューズを購入した時についてきた詰め物などがあれば、保管時にも活用が出来ます。このようなアイテムがない時は、紙などで代用するという手もあります。ベビーシューズは箱に仕舞って収納するのが理想ですが、頻繁に着用する靴の場合は、下駄箱なども良い保管場所です。ベビーシューズも、お手入れや保管の仕方で耐久性が変わります。

自由度の高さを確認

ベビーシューズ

ベビーシューズを選ぶ際は、こどもの足を考慮して踵まわりが補強された安定性のある品を選びます。幼児の足の裏は骨や筋肉がまだ未発達です。足を保護しつつ、素材の柔らかさや足先のソリで歩行に安定性を与えてくれるベビーシューズを選びます。ぴったり合うサイズを履かせます。

もっと読む

細部にこだわる

赤ちゃん用品

赤ちゃんへの贈り物としてはベビーシューズも人気です、見ための可愛らしさやデザインの良さだけで選ぶのではなく、機能性や安全性に優れた商品を選びましょう。サイズ選びも大切ですので、測定をしっかり行い足に合うものを選びましょう。

もっと読む

機能性で選ばれている

乳児

赤ちゃんが歩き始めたら必要となるのがベビーシューズです。ベビーシューズは赤ちゃんの体に優しく機能性に優れたものが選ばれており、親の負担を軽減することも考えられています。履かせやすく作られているものや靴底が柔らかくクッション性があるものが良いでしょう。

もっと読む