サイズに合ったベビーシューズを選ぶべき理由

自由度の高さを確認

サイズを測る

ベビーシューズ

歩きはじめの赤ちゃんはまだ足の骨や形が出来上がっていないため、ベビーシューズは成長を妨げない柔らかく機能的な物を選びます。特に歩き始めはまだ踵の骨が柔らかく着地することが困難です。ベビーシューズで踵の周りをしっかりと補強する必要があります。また、幼児は7歳ぐらいになるまで土踏まずの形成がしっかりなされていません。このあたりもよく考慮してベビーシューズでしっかり足の裏を補強します。土踏まず付近の骨の形成に配慮したベビーシューズを選んでください。ベビーシューズの先はなるべくソリがあって扇状に広がっているなど、余裕のある物を選びます。歩きはじめは特に幼児は転びやすいので、ベビーシューズにソリがあることでつまづき抑制になります。また靴の先は柔軟に曲がる柔らかい製品がおすすめです。ベビーシューズの中で指先が自由に動く状態を作っておくことで踏ん張ることが可能になります。さらに成長の妨げにならない品を選びます。踵部分もしっかりしていて安定感のあるものを選んでください。幼児の歩行バランスの安定性につながります。成長の早いこどもですが、ベビーシューズのサイズは規定どおりで、その子に合う形の物を履かせてください。大きすぎるベビーシューズは足が靴の中で泳いでしまうため、歩行のバランスがくずれ生育の妨げになります。そのために、小まめにこどもの足のサイズを測ることも重要です。ベビーシューズの素材は柔らかくてアレルギーなどが起きない安全な素材が望まれます。通気性、安全性に優れた物を選びます。蒸れ防止など特殊な加工の物も多く出まわっています。

知っておきたい選び方

ママと赤ちゃん

よちよち歩きを始めた赤ちゃんは本当に可愛らしいですよね。立って歩くようになる、というのは大人から見ても大きな成長の節目です。また、赤ちゃんにとっても見える世界がそれまでと違ってきます。そんな赤ちゃんのあんよを応援するために、ベビーシューズは慎重に選びたいですよね。ベビーシューズの中でもファーストシューズと呼ばれる最初に履く靴選びは、その子の今後の歩き方を左右するので、特に気を付けて選びたいものです。かわいい、とデザインだけで選んだり、短い期間しか履かないからと大きすぎるものを買うことは避けましょう。赤ちゃんの足は大人と比べるととても柔らかくて、立っているときと座っているときでは足の大きさが全く違います。サイズを測るとき、試着してみるときは必ず立たせましょう。そして実際の足のサイズより5〜10ミリほど大きいサイズを選びましょう。長さだけでなく、幅もその子に合ったものにしてあげることが大切です。また、理想的なベビーシューズは、安定していないかかとをしっかりとホールドしてくれる、ハイカットのものです。ローカットだと足首がぐらぐらします。それから、つま先部分は柔らかくて少し反っているものを選びます。これは小さい子どもはすり足のよに歩くので、反っていないとつまずいてしまうからです。それから地面からの衝撃を吸収してくれるように、足裏はしっかりした素材でできているものを選びましょう。さらにベルトで固定するタイプのものが履かせやすくて便利です。ベビーシューズは親が楽しみにしているものの、最初赤ちゃんは嫌がることが多いですが、室内で練習できるようなルームシューズもあります。本格的に歩き出す前に、ルームシューズで慣らしておくといいかもしれませんね。

大切な記念になるように

赤ん坊

子供の成長を願う気持ちはだれでも一緒です。最初の頃は、寝返りで始まり、やがて立つようになり、少しずつ歩き始めます。だんだんと歩くのが上手になると、外で歩くことができるようになります。子供が一番最初に外で歩くために履く靴をファーストシューズといいます。ベビーシューズはたくさん種類があり、靴売り場に行くと目移りするほどです。そして、ファーストシューズになれて徐々に足取りが上達すると、購入するベビーシューズは様々な形に変化します。歩き回り、目が離せなくなる時期には、歩くと音が鳴るベビーシューズが大変役に立ちます。成長するにあたっては、靴だけではなく、靴の左右を覚えるなどの勉強を始めます。ベビーシューズには様々な工夫がされており、その年ごろにあった靴が用意されています。靴売り場では、様々な靴を試す親子連れが見られます。あれこれ話しながら悩む姿はとても微笑ましい光景です。子供によっては靴を嫌がる子もいます。そのため、ベビーシューズにはたくさんのキャラクターがデザインされた靴が用意されています。自分の好きなキャラクターを見つけた時の子供の目はとても輝いています。ぐずることなく、ベビーシューズを試着できるように、たくさんの工夫がされています。子供たちも大人になった時に、自分が小さい頃に履いた靴に対して様々な思い出が残ることでしょう。私自身も、自分のファーストシューズは母から譲り受け大切にしています。子供たちにもたくさんの思い出が残るようにしたいです。

自由度の高さを確認

ベビーシューズ

ベビーシューズを選ぶ際は、こどもの足を考慮して踵まわりが補強された安定性のある品を選びます。幼児の足の裏は骨や筋肉がまだ未発達です。足を保護しつつ、素材の柔らかさや足先のソリで歩行に安定性を与えてくれるベビーシューズを選びます。ぴったり合うサイズを履かせます。

もっと読む

細部にこだわる

赤ちゃん用品

赤ちゃんへの贈り物としてはベビーシューズも人気です、見ための可愛らしさやデザインの良さだけで選ぶのではなく、機能性や安全性に優れた商品を選びましょう。サイズ選びも大切ですので、測定をしっかり行い足に合うものを選びましょう。

もっと読む

機能性で選ばれている

乳児

赤ちゃんが歩き始めたら必要となるのがベビーシューズです。ベビーシューズは赤ちゃんの体に優しく機能性に優れたものが選ばれており、親の負担を軽減することも考えられています。履かせやすく作られているものや靴底が柔らかくクッション性があるものが良いでしょう。

もっと読む