サイズに合ったベビーシューズを選ぶべき理由

初めての靴を買うとき

足をきちんと計測

ベビーシューズ

ベビーシューズは、まだ発達が未熟な赤ちゃんの足を守り、また歩くことを手助けする大切な靴となります。サイズも小さくかわいらしいベビーシューズは、見た目で選びがちですが、赤ちゃんの足にぴったりフィットするものを選びたいものです。ベビーシューズといってもいろいろありますが、特に初めて赤ちゃんが履く靴をファーストシューズと呼びます。よちよち歩き始めたときに、外で歩くために準備するものです。よちよち歩き始め、外で歩く練習を始めるタイミングで購入するのがおすすめです。あまり早くから準備すると、足が大きくなってしまい、サイズが合わなくなることがあります。赤ちゃんの成長は早いので注意しましょう。ベビーシューズの特徴は、靴底が足なりに曲がりやすく、硬い地面からの衝撃を和らげる適度な弾力があることです。素材はやわらかく、通気性の高いものはおすすめです。また、骨の骨格がしっかりしていない赤ちゃんのあしのために、足首までつつみこむハイカットタイプが多いです。マジックテープのものは、しっかり留められますし、履き口が大きく開きやすいものは赤ちゃんに履かせやすいというメリットがあります。ベビーシューズを購入するときには、店舗で赤ちゃんの足のサイズを測ってもらいましょう。また、座っている状態の足のサイズと、立って体重がかかったときとは大きさが変わってくるので、立ってサイズを測り、フィッティングも立たせて行いましょう。

機能性を重視しよう

親子

ベビーシューズを購入するときにはデザイン性を重視する親御さんが多いですが、そこに機能性を加えるとより赤ちゃんにとってベターな靴を選ぶことになります。子供が外で走り回ることが好きだったり、運動を活発にするなら、機能性の高いベビーシューズを選んであげましょう。また、フィット感も大切です。子供は靴を履いてもすぐに脱げてしまいます。購入する前に子供の足にフィットするかどうか、試着させてみましょう。このような観点からベビーシューズを選ぶことをおすすめします。ベビーシューズを購入する時期は赤ちゃんが1人で10歩程度歩くことができるようになってからです。ベビーシューズを履いた状態だと裸足の場合よりも歩きやすくなりますし、外出するときだけでなく室内で歩くときにも有用です。ただし、この時期の子供の成長は早いので、ベビーシューズを買ってもすぐに買い替えをしなければいけません。目安としては3ヶ月に1回は見直す必要があります。赤ちゃんは自分では靴が小さくなったとは言わないので、大人が配慮してあげなければいけません。履きにくそうにしていないかをしっかりと普段から見てあげましょう。ベビーシューズを選ぶときには実際の足の大きさよりも5ミリ程度大きいものを購入することです。ショップでサイズを測定してから買うと確実です。ちなみに、ベビーシューズを履かせるときには靴下も履いた方が足と靴との摩擦を減らすことができて、肌に負担をかけません。

大きく別けて3種類ある

足

ベビーシューズはどれも同じように見え、自分の赤ちゃんの足の大きさに合わせて購入すればいいと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、ベビーシューズは、歩き方の時期に合わせて3種類に別けることができます。そのため、足の大きさだけで靴選びをするのではなく、今の時期に合ったベビーシューズ選びをすることが大切です。歩き方の時期として、よちよち歩き、とことこ歩き、走るの3つの時期に別けることができ、ベビーシューズもこの時期用に3種類販売されています。よちよち歩き用のベビーシューズの特徴として、とても柔らかい素材で作られていることです。この時期の赤ちゃんの足はとても柔らかく、立っているときと座っているときとでは足の形が変わるほどです。そのため、素材を柔らかくすることで足になじみやすくなっています。1〜2歳程度になればとことこ歩きを始めます。この時期用のベビーシューズは通気性が良いのが特徴です。運動量が増えることで足も汗をかきやすくなります。そのため通気性が良く、吸収性のよい素材が使われています。走り出してからのベビーシューズには靴ひもなどの大人の変わらないような構造の靴も増えます。今までの靴では、ゴムなどを使った靴が多いのですが、この時期の靴になるとマジックテープや靴ひもを使った物が増えるのが特徴です。それぞれの時期に合った靴には、それぞれで特徴もあり、その時期には適しているベビーシューズです。ベビーシューズを購入するときには、今の時期に合った靴選びをしましょう。

自由度の高さを確認

ベビーシューズ

ベビーシューズを選ぶ際は、こどもの足を考慮して踵まわりが補強された安定性のある品を選びます。幼児の足の裏は骨や筋肉がまだ未発達です。足を保護しつつ、素材の柔らかさや足先のソリで歩行に安定性を与えてくれるベビーシューズを選びます。ぴったり合うサイズを履かせます。

もっと読む

細部にこだわる

赤ちゃん用品

赤ちゃんへの贈り物としてはベビーシューズも人気です、見ための可愛らしさやデザインの良さだけで選ぶのではなく、機能性や安全性に優れた商品を選びましょう。サイズ選びも大切ですので、測定をしっかり行い足に合うものを選びましょう。

もっと読む

機能性で選ばれている

乳児

赤ちゃんが歩き始めたら必要となるのがベビーシューズです。ベビーシューズは赤ちゃんの体に優しく機能性に優れたものが選ばれており、親の負担を軽減することも考えられています。履かせやすく作られているものや靴底が柔らかくクッション性があるものが良いでしょう。

もっと読む